仕様と性能
サイズ 4.45 x 4.45 x 1.19cm
ディスプレイ 3.1 x 3.1 cm / 215 x 180 ピクセル / カラー
重量約40.2g
稼働時間- 時計モード
使用電池充電式リチウムイオン
防水性能50m防水
受信性能GPS/GLONASS/みちびき対応
気圧高度計X
加速度計
光学式心拍計
トレーニング&ナビゲーション性能
保存可能トレーニングデータ: 約80時間分
スポーツモードラン、バイク、スイム、その他と4種類のスポーツモードを簡単に切り替え可能
表示可能なデータ ストローク数/SWOLF/休息(プール)/パワー/ピッチ/アドバンスドランニングダイナミクス/距離/ペース(スピード)/高度/ラップタイム/平均ペース/心拍数/心拍ゾーン/平均心拍数/ケイデンス/平均ケイデンス/スピード(ペース)ゾーン/トレーニング効果など
トレーニングメニューワークアウト、トレーニングカレンダー、インターバル、ターゲット、レース
ワークアウト作成
ナビゲーション登録済みポイントへのナビゲーションが可能
トラックバックトレーニングのスタート地点へ戻るナビゲーションが可能
コースガーミンコネクトから転送したコースと同じ道を辿るトレーニングが可能
VO2max人が体内(体重1kgあたり)に取り込むことのできる酸素の1分間あたりの最大量。単位はml/kg/分
リカバリーアドバイザー回復に必要な時間を表示し、走行時に回復度合いを判定
レース予想タイム 5km、10km、ハーフ、フルマラソンの予想タイムを推定
アドバンスドランニングダイナミクス上下動、上下動比、ピッチ、歩幅、地面接地時間、地面接地時間の左右バランス
乳酸閾値(LT値)筋肉疲労の原因である物質、乳酸の運動強度に伴う変化の測定
ストレススコア心拍変動を測定し、体にどれくらいのストレスレベル(負荷)が掛かったかを数値化
FTP自身が全力で1時間出し続けられるパワーの最高値測定
パフォーマンスコンディション現在の自身のパフォーマンス状態と自身の平均的なフィットネスレベルを比較
アラート通知心拍、時間、距離など、設定した数値に達した場合や設定範囲外の数値になると音とメッセージでお知らせ
心拍ゾーン機能設定した心拍数と運動強度から自身の心拍レベルを表示
自動ポーズ信号待ちなどで計測を自動的に一時停止
自動ラップ予め設定した距離や場所で自動的にラップを刻み、ポップアップ表示
自動スクロール本体操作をせずに、トレーニングページを自動的に切り替え
バーチャルパートナーディスプレイの中で仮想のパートナーと自分自身のアイコンが伴走
メトロノーム一定のリズムでペースをコントロールしたりピッチを速くするトレーニングが可能
トレーニング効果機能あなたの走力を判断し、現在行っているトレーニングの効果指数を判定
自己ベストForeAthlete735XTJに用意されている「自己ベスト項目」に該当する記録が保存したトレーニングに含まれている場合、自動的に自己ベストデータを保存
ライフログ機能
表示項目ステップ、ゴール、距離、消費カロリー、時間、日付、達成率
週間運動量中強度以上のアクティビティを行った時間(分)と目標週間運動量ゴールを表示
ムーブバー1時間以上動き(移動)がない場合に表示
スリープモニタリング睡眠時間と睡眠中の動きを記録
その他機能
アラート通知方法音とバイブレーション及びバックライトでお知らせ
自動スクロール作成した複数のトレーニングページが自動的にスクロールします
対応アクセサリー心拍計、フットポッド、スピード・ケイデンスセンサー、温度センサー、VectorJ、Variaリアビューレーダー
LiveTrack機能 現在置をリアルタイムでウェブ上に公開し、第三者へ共有する事が可能
オーディオアラート トレーニング中のラップタイムやアラートメッセージをイヤホンを通してお知らせ
通知機能BLEに接続するとスマートフォンの着信とメッセージなどを本体にも通知
ミュージックコントロールスマートフォンの音楽の再生や停止などの操作が可能
スマートフォン探索 ガーミンコネクトモバイルアプリでペアリング中のスマートフォンの場所を探索
VIRB操作Garminのアクションカメラ VIRB(別売)をワイヤレスで操作可能
ConnectIQ GarminExpressまたはGarminConnect Mobile経由でウォッチフェイス、ウィジェット、アプリ、データフィールドの追加・削除・カスタマイズが可能
管理サイトガーミンが運営する「Garmin Connect」「GarminConnect mobile(Android/iOS)」へトレーニングデータをアップロード・ダウンロードする事によりトレーニングデータの管理や公開が可能