国内最大のGarmin GPS 専門店 [東京・新宿] の実店舗でもGarmin各種デモ機を手にとってご覧頂けます。

TKA Planetはおかげさまで10年目を迎えました
TKA Planetは国内最大のGarmin GPS 専門店
ログイン 会員登録
カートを見る

Garmin Edge500 日本語説明書



[ 特徴 ] [ 説明書 ] [ 仕様 ] 

このマニュアルは編集中のため記述に誤りがある箇所があります。
弊社のGPS本体に付属する操作ガイド(日本語)とは内容が異なります。
[ データフィールド(データ項目) ]も併せてご覧ください。


はじめに


警告

エクササイズプログラムを開始または変更する前に必ず医師に相談してください。
重要な安全と製品の警告やその他の重要な情報については、製品ボックスの製品情報ガイドを参照してください。
Edge を初めて使用する場合は、次の作業を順に行ってください。
1.Edge を充電する
2.Edge をインストールします。
3.Edge の電源を入れる
4.衛星を捕捉
5.オプションのANT+センサーを設定する
6.自転車に乗る
7.ライド情報の保存
8.ガーミンコネクトまたはガーミントレーニングセンターのソフトウェアを取得する
9.お使いのコンピュータに履歴を転送する

バッテリーについて


警告

この製品にはリチウムイオン電池を使用しています
重要な安全と製品の警告やその他の重要な情報については、製品ボックスの製品情報ガイドを参照してください。
Edge は充電可能なリチウムイオン電池を搭載しています。付属のAC充電器またはPCにUSBケーブルを接続して充電することができます。

メモ

Edgeは0℃から50℃の温度範囲外では充電することは出来ません。

Edgeの充電


注意

充電やコンピュータに接続する前に、腐食を防ぐため、徹底的にミニUSBポート、天気のキャップ、および周辺地域を乾燥させる
1.標準的な壁のコンセントにプラグ対応AC充電器
2.ミニUSBポートからの天気のキャップを引き上げ
#
天気のキャップの下のミニUSBポート
Tabs
3.ミニUSBポートには.AC充電器の小さい端を差し込みます
USBケーブルを使用してコンピュータにエッジを接続するには、8ページを参照してください。
4.Edge を充電する for at least three hours before you begin using it
十分に充電されたバッテリーは最大18時間実行することができます

エッジのインストール

エッジの前に空の方を向くように最高のGPSの受信のために、バイクマウントの位置を
あなたは、ステム(3ページに記載)またはハンドルバーにバイクマウントを取り付けることができます
1.自転車の操作に支障のない安全な場所にEdgeをマウントしてください。
2.Placerubber disk onback ofbike mount
それは場所にとどまるようにゴム製のタブがバイクマウントの背面と合わせます
3.バイクステムにバイクマウントを配置
4.バイクは安全に2つの周波数帯を使用してマウントを取り付けます。
#
バイクマウントの切り欠き
Rubber disk
自転車の茎の周りのバンド
5.バイクマウントのノッチを持つエッジの背面にあるタブを合わせます
6.[ down slightly and turnEdge clockwise until it locks into place ]を押す。
#
エッジは、バイクのステム上に実装

エッジを取り外す

1.TurnEdge clockwise to unlockdevice
2:マウントオフエッジを持ち上げ

Edge の電源を入れる

エッジの電源を入れるには、電源を長押し
and hold MENU ConfiguringEdge
もしエッジの電源を初めて入れると、お客様はシステムの設定とユーザープロファイル設定を構成するように求められます
初期セットアップを完了するために画面上の指示に従ってください
選択肢を表示し、デフォルトの選択を変更するには▼ボタンまたは▲
選択を行うためにEnterキーを押して、

アイコンについて

#
バッテリーの充電レベル
#
GPSはオンになっており、受信信号
#
GPSがオフになっている
#
心拍数モニターはアクティブです。
#
速度とケイデンスセンサーがアクティブになります
#
パワーメータはアクティブです

ボタン操作について

各エッジのボタンには複数の機能があります
#
Button
説明
POWER/LIGHT
オンとオフデバイスの電源を入れるには、電源を長押し
バックライトをアクティブにするにはLIGHTを押す
15秒のためにバックライトを拡張する任意のボタンを押してください
BACK
キャンセルまたは前のメニューに戻るには、[BACK]を押して
START/STOP
タイマーを起動および停止するにはSTART / STOPを押して
▼▲
▼ボタンまたは▲メニューと設定を選択する
設定を素早くスクロールして押し続けると、▼または▲
LAP/RESET
新しいラップを作成するためにLAPを押す
タイマーをリセットするにはRESETを長押し
PAGE/MENU
訓練データのページをスクロールするにはPAGEを押して、
[ MENU ]を長押し to switch between menu and timer modes
ENTER
オプションを選択し、メッセージを確認応答するためにEnterキーを押して、

衛星信号の取得

それは、信号を取得するために30?60秒かかることがあります
1:オープンエリアに外出
2:エッジのフロントが空に向かって向きになっていることを確認してください
3.衛星のためのエッジを検索しながら待つ
位置サテライトページが消えるまでの移動を開始しないでください

メモ

GPS受信機の電源をオフにし、エッジの屋内で使用するには、45ページを参照してください。

オプションのANT+センサー


メモ

あなたがANT +センサーを設定する必要がない場合は、この手順を省略できます
あなたの乗車中にANT +センサーを使用するには、それをインストールし、エッジとそれをペアリングする必要があります
For heart rate monitor instructions
For GSC 10 speed and cadence sensor instructions
サードパーティのANT +センサーについては、メーカーの指示を参照して、30ページを参照してください、そして[www.garmin.com / intosports]へアクセス

実際に使ってみる

Before you can record history、you must acquire satellite signals
1.[ MENU ]を長押し to viewtimer page
#
2.[ START to starttimer ]を押す。
タイマーの実行中に歴史にのみ記録され
3.あなたの乗車が完了したら、[停止]を押します

ライドデータの保存について

押し続けると、RESETをお乗りのデータを保存すると、タイマーをリセットする

PCソフトウェアを使用する

ガーミンはあなたの乗車のデータを保存および分析するための2つのソフトウェアオプションを提供します。
ガーミンConnectは、Webベースのソフトウェアです。
ガーミントレーニングセンターでは、インストール後にインターネットを必要としないコンピュータソフトウェアです。
1.Go to www
garmin
com /intosports
2.ソフトウェアをインストールするには、画面上の指示に従ってください

履歴をPCへの転送

1.お使いのコンピュータのUSBポートにUSBケーブルを接続します。
2.ミニUSBポートからの天気のキャップを引き上げ
#
天気のキャップの下のミニUSBポート
ミニUSBポートにUSBケーブルの小さい方の端を差し込みます
4.[www.garminconnect.com]へアクセスまたは、ガーミントレーニングセンターを開く
5.ソフトウェアに付属の指示に従ってください

Edgeとトレーニング


アラートについて

あなたが特定の時間、距離、カロリー、心拍数、ケイデンス、および消費電力の目標に向かって訓練するエッジのアラートを使用できます。
時間、距離、およびカロリーの警告の使用
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Training ] > [ Alerts ] の順に選択。

3.Select Time Alert、Distance Alert、or Calorie Alert
4.アラートをOnにする
5.時間、距離、またはカロリーを入力します。
6.自転車に乗る
アラート額に達するたびに、メッセージエッジビープ音とディスプレイ

メモ

To turn on audible tones for messages

高度なアラートの使用

オプションの心拍数のモニター、GSC 10、またはサードパーティのANT +パワーセンサーがあれば、高度な警告を設定できます。
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Training ] > [ Alerts ] の順に選択。

3.オプションを選択します。
(bpm単位)で最小値と最大心拍数を設定するには、HRアラートを選択してください

メモ

For more information about heart rate zones and settings
毎分クランクアームの回転数で高速および低速ケイデンスの金額を設定するには、ケイデンスのアラートを選択し(RPM)
ワットで、最小と最大の電力量を設定するには、電源のアラートを選択してください
4.自転車に乗る
あなたがメッセージを超えて、または指定された心拍数、ケイデンス、または電力量、エッジビープ音とディスプレイの下にドロップするたびに

メモ

To turn on audible tones for messages

距離を使用して自動ラップを使用する

あなたは、自動的に特定の距離でラップをマークするために、自動ラップを使用することができます
この機能により、乗り心地のさまざまな部分(たとえば、毎10マイルまたは40キロメートル)の上に性能を比較するのに便利です
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ Auto Lap ] の順に選択。

3.オートラップトリガーのフィールドでは、距離によって選択
4.値を入力します。
5.Customize optional lap data fields
6.自転車に乗る

位置情報から自動ラップを使用する

あなたは、自動的に特定の位置にラップをマークするために、自動ラップを使用することができます
この機能により、乗り心地のさまざまな部分(例えば、長い登りやトレーニングのスプリント)の上に性能を比較するのに便利です
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ Auto Lap ] の順に選択。

3.オートラップトリガーのフィールドでは、位置による選択
4.Selectoption
あなただけがLAPと、再度これらの場所のいずれかを通過するたびにキーを押すたびに対抗ラップをトリガするためにラップを押してを選択します。
あなたがLAPを押すと走行中STARTを押して任意の場所でのGPSの位置でラップカウンタをトリガするためにスタートを選択し、ラップ
あなたがLAPを押して乗車中に乗車の前にマークされた特定のGPSの場所でも、どんな場所でラップカウンタをトリガするマークとラップを選択
5.Customize optional lap data fields ()
6.自転車に乗る

メモ

コース中に、当然に保存されているラップの位置のすべてでラップをトリガーする位置のオプションで使用します。

オートポーズを使用する

あなたが動きを止めたり、ときに速度が指定された値を下回るときには自動的に一時停止するようにタイマーを自動一時停止を使用することができます
あなたの乗車は、遅くしたり停止する必要があるストップライトや他の場所が含まれている場合、この機能は便利です。

メモ

一時停止時間は、履歴データとともに保存されていません
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ Auto Pause ] の順に選択。

3.オプションを選択します。
Select Off
あなたが移動を停止するときにタイマーが自動的に一時停止する停止時]を選択します
あなたの速度が指定された値を下回ったときに自動的に一時停止するようにタイマーをカスタム速度を選択
4.Customize optional time data fields ()
全体の時間を(RESETにSTARTを押してから)表示するには、時間を選択 - 経過データフィールドを
5.自転車に乗る

自動スクロールを使用する

タイマーの実行中にトレーニングのデータページのすべてを自動的に循環するために、自動スクロール機能を使用して、
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ Auto Scroll ] の順に選択。

3.表示速度を選択します。
、低速、中速、または高速
4.自転車に乗る
トレーニングのデータページが自動的にスクロール
あなたが手動でページを切り替えるためにPAGEを押すことができます

コースについて

コースは、以前に記録されたアクティビティを使用して訓練することができます
以前に設定された目標を一致させるか、または超過しようとする経過をたどることができる
元のコースを30分で完了した場合例えば、、あなたは30分以内にコースを完了しようとしているバーチャルパートナーとの戦いになります
Garmin recommends that you use Garmin Connect or Garmin Training Center to create courses
You can then transfercourses to your Edge

コースのポイント

あなたはどのコースにコースのポイントを追加するには、ガーミンのトレーニングセンターを使用する必要があります。
このような水の停止または距離の目標としてコースのポイント、またはあなたが覚えておきたいこと、コース上の場所を、追加することができます

エッジでコースを作成する

あなたがコースを作成する前に、エッジに保存されているGPSのトラックデータと歴史を持っている必要があります
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Training ] > [ Courses ] > [ New ] の順に選択。

3.コース作成する前にライドを選択します
エッジがリストに表示される新しいコースにデフォルトの名前を割り当てます
4.Selectcourse fromlist
5.Select Edit Course to renamecourse
6.一番上のフィールドにわかりやすいコース名を入力します(たとえば、18mi_Ridgeview)

コースの開始

1.[ MENU ]を長押し
2.[ Training ] > [ Courses ] の順に選択。

3.Selectcourse fromlist
4.Selectoption
Select Do Course
コースをプレビューするマップを選択し、コース一覧に戻るには、[BACK]キーを押し
標高のプロファイルをプレビューするプロファイルを選択し、コース一覧に戻るには、[BACK]キーを押し
5.[ START ]を押す。
このコース上にない場合でも、履歴が記録されます
"完了したら、""コースComplete""というメッセージが表示されます。"
6.自転車に乗る
7.[ PAGE to viewdata pages ]を押す。
#
#
#
#
#

オフコースのオプション

あなたがコースを開始する前に、ウォームアップを含めることができます。
コースを開始するSTARTを押して、通常通りのウォームアップ
あなたがウォーミングアップとしてあなたのコースのパスから離れて
コースに向かって作業を開始する準備ができて、頭
"あなたがコースのパスの任意の部分上にある場合、エッジは""コース上で""メッセージが表示されます。"

メモ

とすぐにSTARTを押すと、あなたのバーチャルパートナーは、コースを開始し、ウォームアップするまで待機することはありません
#
"あなたが離れてのコースから逸脱している場合、エッジは""オフコース""のメッセージが表示されます。"
コースに戻ってあなたの方法を見つけるためのコースマップやコースのポイントを使用して、

コース速度を変更する

1.[ MENU ]を長押し
2.[ Training ] > [ Courses ] の順に選択。

3.Selectcourse fromlist
4.Select Do Course
5.[ LIGHT ]を押す。
6.使用して、▼と▲のコースを完了する時間の割合を調整する
例えば、20%、コースの時間を改善するために、120%のコースの速度を入力してください
あなたは24分で30分のコースを終了するには、仮想のパートナーとの戦いになります

コースの停止

[ MENU ]を長押し、and select Training > Stop Course

コースの削除

1.[ MENU ]を長押し
2.[ Training ] > [ Courses ] の順に選択。

3.Selectcourse
4.[ Delete Course ] > [ Yes ] の順に選択。


ワークアウトについて

あなたは、各エクササイズのステップのための多様な距離、時間、および残りの周回数の目標を含むトレーニングを作成するためにエッジを使用することができます
ワークアウトを作成したら、特定の日のためにワークアウトをスケジュールするガーミンConnectまたはガーミンのトレーニングセンターを使用することができます
あなたは、事前にトレーニングを計画し、エッジに保存できます

ワークアウトを作成する

Garmin recommends that you use Garmin Connect or Garmin Training Center to create workouts
You can then transferworkouts to your Edge
ただし、直接エッジにワークアウトを作成して保存できます。
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Training ] > [ Workouts ] > [ New ] の順に選択。

3.一番上のフィールドにわかりやすいワークアウトの名前(たとえば、QUICK 10)を入力します
4.Select Add New Step
5.ステップが測定される期間を選択
例えば、特定の距離の後のステップを終了するには距離を選択し
[開く]を選択すると、ワークアウト中のステップを終了するには、LAPを押すことができます
6.必要に応じて、時間の下のフィールドに値を入力します
7.ステップ中に目標を選択するターゲットを選択する
例えば、ステップ中に一貫した心拍数を維持するために心拍数を選択します。
8.必要に応じて、ターゲットゾーンを選択するか、カスタムの範囲を入力します。
たとえば、心拍数のゾーンを選択することができます
あなたがメッセージを超えて、または指定された心拍数、エッジビープ音とディスプレイの下にドロップするたびに
9.必要に応じて、残りのラップのフィールドで[はい]を選択します。
残りのラップの間に、タイマーの実行は継続され、データが記録される
10.[ BACK to continue ]を押す。
11.Repeat steps 4-9 to add another new step

ワークアウトの手順を繰り返す

ワークアウトのステップを繰り返すことができる前に、少なくとも1つのステップでワークアウトを作成する必要があります。
1.Select Add New Step
2.Durationフィールドで.オプションを選択します。
ステップを繰り返す繰り返し1回以上を選択
たとえば、5マイルのステップを10回繰り返すことができます
特定の期間のステップを繰り返すまで繰り返しを選択
たとえば、60分、5マイルのステップを繰り返したり、心拍数は160 BPMに達するまでできます。
3.フィールドをステップに戻るには.繰り返すステップを選択します。
4.必要に応じて、残りのラップのフィールドで[はい]を選択します。
5.[ BACK to continue ]を押す。

ワークアウトの開始

1.[ MENU ]を長押し
2.[ Training ] > [ Workouts ] の順に選択。

3.Selectworkout
4.選択は、ワークアウトを行います
5.[ START ]を押す。
6.自転車に乗る
7.[ PAGE to viewdata pages ]を押す。
ワークアウトを開始した後、エッジはワークアウトの各段階、目標(もしあれば)、および現在のワークアウトデータが表示されます。
警報音は、ワークアウトのステップを完了しようとしているときに音
メッセージは、新しいステップが始まるまでの時間または距離をカウントダウン表示され、

ステップの終了

初期のステップを終了するLAPを押す

ワークアウトの停止

1.[ STOP to stoptimer ]を押す。
2.[ and hold RESET to save your ride data and resettimer ]を押す。

ワークアウトの編集について

あなたは、エッジで直接ガーミンコネクト、ガーミントレーニングセンター、または内でのワークアウトを編集することができます
あなたがエッジでワークアウトを編集する場合、変更内容は一時的なものであるかもしれない
ガーミンコネクトとガーミントレーニングセンターでは、ワークアウトのマスターリストとして使用
あなたがエッジでワークアウトを編集する場合、変更はガーミンConnectまたはガーミントレーニングセンターからワークアウトを転送次回上書きされる可能性があります
ワークアウトへの恒久的な変更を行うには、あなたのエッジにそれを転送してガーミンコネクトまたはガーミントレーニングセンターでワークアウトを編集して、

Edgeを使用してワークアウトを編集する

1.[ MENU ]を長押し
2.[ Training ] > [ Workouts ] の順に選択。

3.Selectworkout
4.Select Edit Workout
5.Selectstep
6.Select Edit Step
7.必要であれば変更を行い、そして継続するには、[BACK]を押す
8.[ BACK to save and to exit ]を押す。

ワークアウトを削除する

1.[ MENU ]を長押し
2.[ Training ] > [ Workouts ] の順に選択。

3.Selectworkout
4.[ Delete Workout ] > [ Yes ] の順に選択。


ANT+センサーについて

エッジには、以下のANT +付属品と互換性があります。
Heart rate monitor GSC 10 speed and cadence sensor Third-party ANT+ sensors Tips for Pairing ANT+ Sensors with Your Garmin Device
ANT +センサーがあなたのガーミンのデバイスと互換性があることを確認してください
あなたが他のANT +センサーから10 mを離れて移動し、お使いのGarminデバイスでANT +センサーをペアリングする前に
ANTの範囲内でガーミンデバイス(3メートル)+センサーをもたらす
あなたが最初にペアリングした後、あなたのガーミンデバイスが自動的にANT +センサーにそれをアクティブにするたびに認識し
このプロセスでは、ガーミンのデバイスをオンにし、センサーがアクティブになっているときにだけ数秒かかり、正常に機能したときに自動的に発生します
組み合わせれば、あなたのガーミンデバイスは、センサからデータを受信し、他のセンサーの近くに行くことができます

心拍計の使用方法

ちょうどあなたの胸当ての下、直接お肌に心拍数のモニターを着用する
それはあなたのライド中に滞在するのに十分な小じんまりとしてください
1.心拍数モニターのスロットにストラップの1つのタブを押して、
#
心拍数モニターストラップ
#
ハートレートモニター(フロント)#
心拍数モニター(バック)タブをダウン2.Press
3.心拍数モニターの背面にある両方の電極があなたの胸とトランスミッターの間に強いコネクションを作成するために湿らせ
4.あなたの胸の周りにストラップをラップし、心拍数モニターの反対側に取り付ける
ガーミンのロゴは上右サイドにする必要があります
もし心拍数のモニターに置いた後、それはスタンバイして送信する準備ができてデータになります

心拍数モニターを使用する

Formost accurate calorie data during your ride、set your maximum heart rate、resting heart rate、and heart rate zones using Garmin Connect or Garmin Training Center
1.Edge の電源を入れる
2.心拍数モニターの範囲内のエッジ(3 m)を持参
3.[ MENU ]を長押し
4.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ Heart Rate ] > [ ANT+ HR ] の順に選択。

5.[ Yes ] > [ Rescan ] の順に選択。

6.[ BACK to return tomain menu ]を押す。
心拍数のモニターが対になっているときに、メッセージが表示され、#心拍数のアイコンがメインメニューに表示されます
7.Customize optional data fields
8.自転車に乗る

ヒント

If heart rate data does not appear or if you have erratic heart rate data、you may have to tightenstrap on your chest or warm up for 5 to 10 minutes ()
心拍数のゾーンを表示する
and Settings The Edge uses your user profile information frominitial setup to determine your heart rate zones
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ Heart Rate ] > [ HR Zones ] の順に選択。


メモ

You can customize your maximum heart rate、resting heart rate、and heart rate zones using Garmin Connect or Garmin Training Center

心拍ゾーンについて


注意

あなたのフィットネスレベルに適した心拍数ゾーンと健康状態を指定するために医師にご相談ください
多くの選手は測定して増加、心血管の強さを、フィットネスのレベルを向上させるために心拍数のゾーンを使用してください
心拍数のゾーンは、毎分心拍の指定された範囲です。
five一般に受け入れられている心拍数のゾーンが増加する強度に応じて1から5まで番号が付けられています
どのように心拍数のゾーンは、あなたのフィットネスの目標に影響を与えるのですか?あなたの心拍数ゾーンを知ることで、これらの原則を理解し、適用することにより、あなたの適性を測定し、向上させることができます
心拍数は運動強度の良い指標である
特定の心拍数ゾーンでのトレーニングは、心臓血管容量と強度を向上させることができます
あなたの心拍数ゾーンを知ることは、オーバートレーニングからあなたを防ぐことができますし、怪我のリスクを減少させることができます

心拍計の電池交換

心拍数のモニターは、ユーザーが交換可能なCR2032電池を使用しています

メモ

適切にバッテリーの処分は、地元の廃棄物処理部門にお問い合わせください
1.心拍数モニターの背面にある円形のバッテリーカバーを確認
2.カバーの矢印をOPENに指すように反時計回りにカバーをねじるためにコインを使って
3.カバーとバッテリーを取り外します
4.30秒待つ
5.上に向けて肯定的な面で新しい電池を挿入します。

メモ

表紙にO -リングガスケットを損傷したり紛失しないように注意してください
6.コインを使って時計回り回して閉じてください。

GSC 10の取り付け

両方の磁石はデータを受信するエッジに対して、それぞれの表示行を揃える必要があります
1.PlaceGSC 10 onrear chain stay (onside oppositedrive train)

メモ

フラットラバーパッドまたはGSC 10と安定のためのチェーンステーの間に三角形の形をしたゴム製のパッドを配置
#
2.Loosely attachGSC 10 using two cable ties
3.接着マウントとケーブルタイを使用してクランクアームにペダルの磁石を取り付けます
ペダルの磁石は、GSC 10の5 mm以内でなければなりません
ペダルの磁石で指示線はGSC 10の指示線と整列する必要があります
#
4.プラスチック片から緩めてスポークマグネットを
5.場所プラスチック片の溝にスポークとわずかに締め
スポークマグネットはセンサーアームの間に十分なスペースがない場合GSC 10から離れて直面していると話したことができる
スポークマグネットはセンサーアームの指示線と整列する必要があります
#
6.センサーアームのネジを緩め
7.スポークマグネットの5 mm以内にセンサーアームを移動
また、改良されたアライメントのいずれか磁石に近いGSC 10を傾けることができます
8.[ Reset button onGSC 10 ]を押す。
LEDが緑色、赤色点灯
9.センサーの配置をテストするためのペダル
赤色のLEDがペダルの磁石がセンサーを通過するたびに点滅
緑色のLEDは、スポークマグネットはセンサーアームを通過するたびに点滅

メモ

リセット後の最初の60のパスのためのLEDが点滅します
追加のパスが必要な場合はもう一度リセットを押すと、
10.When everything is aligned and working correctly、tightencable ties、the sensor arm、andspoke magnet

GSC 10の使用

1.Edge の電源を入れる
2.GSC 10の範囲内のエッジ(3 m)を持参
3.[ MENU ]を長押し
4.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ [Bike 1] ] > [ ANT+ Spd/Cad ] の順に選択。

5.[ Yes ] > [ Rescan ] の順に選択。

6.[ BACK to return tomain menu ]を押す。
GSC 10が対になっているときに、メッセージが表示され、#ケイデンスアイコンがメインメニューに表示されます
7.Customize optional data fields
8.自転車に乗る

GSC 10について

GSC 10からケイデンスデータが常に記録されます
ないGSC 10ペアがない場合は、GPSデータは、速度と距離を計算するために使用されます。
"ケイデンスは、ペダリングや毎分クランクアームの回転数(RPM)で測定された""スピニング""のあなたの速度です。"
GSC 10の二つのセンサがあります。
ケイデンス用と高速用の
For information about cadence alerts

ケイデンスデータの平均化

オプションのケイデンスセンサーでトレーニングしている場合は非ゼロデータ平均化の設定が可能です
デフォルトの設定では、ペダリングをしていないときに発生するゼロ値を除外することです。
To turnnon-zero averaging on or off、press and hold MENU、and select Settings > Bike Settings > Data Avg

GSC 10の電池交換

GSC 10 userreplaceable CR2032電池が含まれています

メモ

適切にバッテリーの処分は、地元の廃棄物処理部門にお問い合わせください
1.Locatecircular battery cover onside ofGSC 10
#
2.(矢印のポイントがアンロックする).それが削除するのに十分な緩みになるまで反時計回りにカバーをねじるためにコインを使って
3.カバーとバッテリーを取り外します
4.30秒待つ
5.上に向けて肯定的な面で新しい電池を挿入します。

メモ

表紙にO -リングガスケットを損傷したり紛失しないように注意してください
6.Usecoin to twistcover back into place (arrow points to locked)
#

サードパーティのANT+センサーについて

サードパーティのANTのリストのための+エッジと互換性のあるセンサーは、[www.garmin.com / intosports]へアクセス

パワーメータの校正

パワーメータに固有のキャリブレーション手順については、製造元の説明書を参照してください。
あなたのパワーメータを校正する前に、それが適切にインストールされ、積極的にデータを記録する必要があります。
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ [Bike 1] ] > [ ANT+ Power ] > [ Calibrate ] の順に選択。

3.メッセージが表示されるまでペダリングして、パワーメータがアクティブな状態に保つ
お使いのPowerゾーンの表示
あなたはガーミンコネクトまたはガーミントレーニングセンターを使用して、7カスタム電源ゾーンを設定することができます。
あなたのFTP(機能的閾値パワー)の値を知っていれば、それを入力すると、ソフトウェアが自動的にパワーゾーンを計算できるようにすることができます
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ [Bike 1] ] > [ Power Zones ] の順に選択。


パワーゾーンの平均化

オプションのパワーメータで訓練されている場合、ゼロ以外のデータ平均化設定が可能です
デフォルトの設定では、ペダリングをしていないときに発生するゼロ値を除外することです。
To turnnon-zero averaging on or off、press and hold MENU、and select Settings > Bike Settings > Data Avg

履歴について

タイマーが開始されるときにエッジが自動的に履歴を保存します
エッジは、典型的な使用でのライドデータの少なくとも180時間を節約することができます
エッジのメモリがいっぱいになると、メッセージが表示されます
エッジは、自動的に履歴を削除または上書きされません
履歴を削除する方法については、34ページを参照してください。
Upload your history to Garmin Connect or Garmin Training Center periodically to keep track of all of your ride data
歴史は時間、距離、消費カロリー、平均速度、最高速度、高度、および詳細なラップの情報が含まれています。
エッジの歴史はまた、心拍数、ケイデンス、および消費電力を含めることができます。

メモ

タイマーが停止または一時停止している間の履歴が記録されていません

履歴閲覧

1.[ MENU ]を長押し
2.[ History ] > [ Activities ] の順に選択。

#
3.オプションを選択します。
あなたの活動をスクロールするときに使用します▼と▲
全体の乗車のために、各ラップの詳細を表示するには、[詳細の表示]を選択します

距離と時間の合計を表示する

[ MENU ]を長押し、and select History > Totals to viewaccumulated ride distance and time

履歴を削除する

お使いのコンピュータにあなたの歴史を転送した後、エッジからの履歴を削除することができます
1.[ MENU ]を長押し
2.[ History ] > [ Delete ] の順に選択。

3.オプションを選択します。
選択Indv
一度に一つのアクティビティを削除する活動
履歴からすべてのライドデータを削除するには、すべての活動を選択
一ヶ月以上前に記録されたアクティビティを削除するには、旧アクティビティを選択
乗車距離と時間の合計をリセットするためにすべての合計を選択

メモ

これは、任意の履歴を削除しない
4.[はい]を選択します

データの記録

エッジは、スマートな録音を使用しています
それはキーが方向を変えるポイント、速度、または心拍数を記録
Whenthird-party power meter is paired、the Edge records points every second
Recording points every second uses more ofavailable memory onEdge、but createsvery accurate record of your ride

データ管理

あなたは、USBマスストレージデバイスとしてエッジを使用することができます

メモ

"エッジには、Windows 95
それは、Mac OS 10と互換性がありません
3およびそれ以前

USBケーブルの接続


注意

充電やコンピュータに接続する前に、腐食を防ぐため、徹底的にミニUSBポート、天気のキャップ、および周辺地域を乾燥させる
1.お使いのコンピュータのUSBポートにUSBケーブルを接続します。
2.ミニUSBポートからの天気のキャップを引き上げ
3.ミニUSBポートにUSBケーブルの小さい方の端を差し込みます
お使いのデバイスは、Windowsコンピュータ上およびMacコンピュータ上にマウントされたボリュームとしてマイコンピュータにリムーバブルドライブとして表示されます

ロードファイル

お使いのコンピュータにデバイスを接続した後、手動でエッジに以下のファイルを読み込むことができます

tcx、
fit、and
crs
1.ファイルをお使いのコンピュータを表示
2.[ Edit ] > [ Copy ] の順に選択。

"3.""ガーミン""ドライブまたはボリュームを開きます。"
"4.""NewFiles""フォルダを開きます。"
5.[ Edit ] > [ Paste ] の順に選択。


ファイルの削除


注意

デバイスのメモリには、削除してはならない重要なシステムファイルが含まれています
お使いのコンピュータにデバイスを接続したら、ファイルを手動で削除することができます
1.OpenGarmin drive or volume
2.Selectfile
3.[ Delete key on your keyboard ]を押す。

USBケーブルの取り外し

あなたがあなたのファイルを管理して終了したら、USBケーブルを取り外すことができます
1.アクションを実行します。
Windowsコンピュータの場合は、システムトレイのイジェクトアイコン#をクリック
Macコンピュータの場合は、ゴミ箱にボリュームのアイコンをドラッグする#
2.コンピュータからデバイスを取り外します

設定について

次の設定と機能をカスタマイズすることができます
Data fields System settings User profiles Bike profiles GPS settings Customizing Your Data Fields
次の3つの訓練データページ用のカスタムデータフィールドを設定できます。
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ Data Fields ] の順に選択。

3.Select one ofpages
4.Selectnumber of data fields you want to see on this page
#
オプションのページをオフにするには、ゼロにデータのフィールド数を設定します。
5.Use ▼、▲、and ENTER to changedata fields
6.繰り返しますカスタマイズするページごとに手順3?5を繰り返します

システム設定の変更

可聴音を変更する
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ System ] > [ Tones ] の順に選択。

3.オンまたはオフキーとメッセージのトーンを回して
バックライトの変更
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ System ] > [ Display ] の順に選択。

3.設定を変更
バックライトが点灯したままの時間を変更するにはバックライトのタイムアウトを選択します。

ヒント

バッテリの電力を節約するため、短いバックライトの設定を使用します
明るさを変更するには、バックライトのレベルを選択します。
画面のコントラストのレベルを変更するには[コントラスト]を選択します

設定の変更

あなたが最初の設定で、設定したすべての設定を変更することができます
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ System ] の順に選択。

3.オプションを選択します。
言語、位置フォーマット、単位の形式、および時間のフォーマットを変更するシステム設定を選択
初期セットアップのすべての構成設定を変更するための初期設定を選択します。
4.画面上の指示に従ってください
タイムゾーンと時刻の形式
あなたがエッジをオンにして衛星を捕捉するたびに、エッジは自動的にタイムゾーンと現在の時刻を検出する
To changetime format to 12 hour or 24 hour、you must changeconfiguration settings insystem setup
ダウン設定オートパワーを変更する
この機能は、自動的に非アクティブの15分後にエッジをオフにします。
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ System ] > [ Auto Power Down ] の順に選択。

3.Select On or Off

ユーザプロファイルの設定を変更する

エッジは、正確なライドデータを計算するために自分自身について入力した情報を使用しています
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ User Profile to update gender ] の順に選択。
、age、weight、height、and activity class settings
あなたの活動のクラスを決定するために53ページの表を使用して、
3.画面上の指示に従ってください

カロリーについて

カロリー消費と心拍数の分析技術はFirstbeatテクノロジーズ株式会社により提供およびサポートされています
詳細については、[www.firstbeattechnologies.com]へアクセス

自転車プロファイルの更新

次の3つのバイクのプロファイルをカスタマイズすることができます。
エッジは、正確なライドデータを計算するために自転車の重量、走行距離計の値、およびホイールのサイズを使用しています
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ [Bike 1] ] > [ Bike Details ] の順に選択。

3.バイクのプロファイルの名前を入力します。
4.自転車の重量と走行距離計の値を入力します。
5.ホイールサイズ]フィールドで、オプションを選択します。
GPSの距離を使用して、ホイールのサイズを計算するためにAutoを選択
あなたのホイールサイズを入力して、[カスタム]を選択します
ホイールのサイズと円周の表については、51ページを参照してください。

バイクデータの切り替え

Edgeを使って自転車のプロファイルをカスタマイズした後、あなたのバイクを選択します。
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ [Active Bike Name] ] > [ Bike Details ] の順に選択。

3.Selectbike you want to use

スタート案内を変更する

この機能は、自動的にエッジが衛星を買収したと移動されたことを検出する
それはあなたが乗るのデータを記録できるようにタイマーを開始するために思い出させる
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ Start Notice ] の順に選択。

3.Modeフィールドで、オプションを選択します。
Select Off
一度選択する
リマインダーを遅らせるために時間を変更するには繰り返し選択する

スピードゾーン

あなたのエッジは、(クライム4)非常に遅いから(最大速度)非常に高速に至るまで、いくつかの異なる速度のゾーンが含まれています
ゾーンの値はデフォルト値であり、個人の能力と一致しない場合があります
You can customize your zones using Garmin Connect or Garmin Training Center
スピードゾーンを表示する
1.[ MENU ]を長押し
2.[ Settings ] > [ Bike Settings ] > [ Speed Zones ] の順に選択。


GPSの設定

GPSの設定は次のとおりです。
Turning satellites off Viewingsatellite page Using elevation points Training Indoors 1.[ MENU ]を長押し
2.[ GPS ] > [ GPS Status ] の順に選択。

3.Select Off
このようなGSC 10のようなエッジに速度と距離データを送信する(オプションのセンサーを持っている限り、GPSがオフの場合、速度と距離データは入手できない
あなたがエッジをオンに次回は、それが再び衛星信号を検索します

サテライトページ

サテライトページは、現在のGPS衛星の情報を示しています。
To viewsatellite page、press and hold MENU、and select GPS > Satellite
人工衛星のページで、GPSの精度は、ページの上部に表示されます
黒いバーは、(衛星の数は、各バーのすぐ下に表示される)信号を受信した各衛星の強さを表す
GPSの詳細については、[www.garmin.com/aboutGPS]へアクセス

標高ポイントを設定する

は、最大で10標高点へ保存することができます
標高ポイントを使用して、特定の訓練の乗車を開始するたびに、より一貫性と、より正確な標高データを提供します。
1.[ MENU ]を長押し
2.[ GPS ] > [ Set Elevation ] の順に選択。

3.わかりやすい名前を入力します。
4.既知の標高を入力します。
5.Select Save
タイマーを次回起動したときは、エッジは自動的にあなたの場所の30メートル内に昇格ポイントを検索
エッジは、出発点として、標高データを使用しています

標高ポイントを編集する

1.[ MENU ]を長押し
2.[ GPS ] > [ Elevation Points ] の順に選択。

3.Selectelevation point you want to edit
4.名前と標高を編集する

標高ポイントを削除する

保存した標高ポイントを使用したくない場合は、ご縁から、標高ポイントを削除する必要があります
1.[ MENU ]を長押し
2.[ GPS ] > [ Elevation Points ] の順に選択。

3.Selectelevation point you want to delete
4.Select Delete

付録


Edgeについて

To display important software information and your unit ID、press and hold MENU、and select Settings > About Edge

ソフトウェアのアップデート

1.Selectoption
Use WebUpdater
[www.garmin.com/products/webupdater]へアクセス
ガーミンコネクトを使用してください
Go to [connect.garmin.com]
2.画面上の指示に従ってください

バックライトを使用する

バックライトをオンにするにはLIGHTを押す
バックライトの別の15秒を拡張する任意のボタンを押してください

メモ

警告やメッセージの表示時にもバックライトが点します。
Changebacklight settings

ページトップへ